新潟 ささくら矯正歯科クリニック

目立たない矯正治療

はじめに

透明プラスチック装置(インビザライン)

矯正治療は、受けたいと思いながらも、通常の治療方法では矯正装置が人目につくため、見た目を気にされる方からは敬遠されがちでした。

そこで審美的に違和感がなく、また人に気付かれることなく行える方法として、近年「目立たない矯正」が確立されてきました。

最近ではこの「目立たない矯正」装置を付けた放送局のリポーターの方も見かけられます。

目立たない矯正治療の方法

装置(ブラケット)を
歯の裏側(舌側)につける方法

一つは装置(ブラケット)を歯の裏側(舌側)につけて治療する方法です。この方法ですと、治療中でも前から全く見えませんし、ブラケットを歯の裏側(舌側)に取り付ける以外は従来の方法と殆ど変わりません。

場合によっては上下顎とも裏側にしないで、外から見える上顎だけ裏側にして、下顎は表につける方法もあります。どちらになるかは歯列不正の状況、患者様のご希望等を考慮した上で決定します。

ブラケット装着の様子

ブラケットを歯の裏側に装着 ブラケットを歯の裏側に装着した正面

メリット

デメリット

トップへ戻る

透明プラスチック装置(インビザライン)
を用いる方法

インビザライン

この方法はブラケットを使わない次世代矯正装置として注目されています。

歯列を覆う透明なトレーを装着してもらう方法で、歯の微妙な動きに応じて順次少しずつ形を 調整したトレーに変えて装着してもらい歯をきれいに並べます。

装置は自分で取り外しでき、歯の表面には装置は付けません。また30センチ以上離れると 装置は殆ど見えません。

インビザライン装着の様子

透明プラスチック装置(インビザライン) 透明プラスチック装置(インビザライン)
透明プラスチック装置(インビザライン)装着時 透明プラスチック装置(インビザライン)装着後

メリット

デメリット

トップへ戻る

患者さんの声(インビザライン使用)

Kさん(20代/女性)インビザライン

矯正治療を始めるきっかけは?

矯正をしたい気持ちは元々あり、妹に「ささくら矯正歯科クリニックっていう良さそうなところがある!」と誘われたことがきっかけです

ささくら矯正歯科の印象は?

ここに初めて来る時は緊張すると思いますが、先生もスタッフの方もとても優しく接してくださり、安心して受診できます。

現在お使いの矯正装置は?

インビザライン。透明なので見た目をそんなに気にしなくて良いし、矯正しているという感じではないので使い心地は良いです。
新しい装置にすると少し痛みを感じますが、少し時間がたてば気になりません。口内トラブルもなく過ごしています。
一ヶ月に一回程度の受診ですが、一回の時間がそんなにかからないことも魅力です。

治療が終わったらやりたいこと楽しみは?

思いっきり笑って写真を撮りたいです。

これから矯正をはじめる人へのメッセージ

矯正をすることで自分の顔に自信を持つことができると思います。お金はかかりますが将来のことを考えると矯正をしておいた方が良いです。人生も変わると思います。

患者さんの声02

トップへ戻る