新潟 ささくら矯正歯科クリニック

子供の矯正

はじめに

子供の矯正は早ければ早いほど良いと聞かれることもあるかと思いますが、お口の中はそれぞれ違っています。

子供によっては成長や指しゃぶりといった癖をなおすことで矯正をせずにすむ場合もあります。そのためには、まず一度矯正専門医院で口内や噛み癖をチェックしてもらうことが一番です。

子供の矯正治療の経験が多い医師であれば、治療例も多く、自信を持った回答が得られると思います。一番良くないのは、不安のままほうっておく事。

アドバイスを聞くだけで改善することもありますので、不安のある方はぜひ一度 無料のカウンセリング相談 にいらしてください。

トップへ戻る

乳歯の歯並び(3才〜5才頃)

乳歯は3歳ぐらいでほとんどの歯が生え揃いますが、前歯のかみ合わせが逆(反対咬合)やかみ合わせが横へずれている(偏位)がよく見られます。

永久歯を正常な位置に誘導することやあごの正常な成長のための環境づくりがこの時期の目標です。装置はできるだけ簡便な取り外し式のものを使います。

生え揃った歯の並びを見て、他のお子さんと違うのではないかと不安に思われている方も多いでしょう。

そういった不安をかかえているお母さんお父さんは、少しでも不安なく、きれいな歯並びを手に入れるために一度、相談にいらしてください。

乳歯列治療

治療前 治療後
子供の乳歯列治療前 子供の乳歯列治療後
トップへ戻る

前歯の生えそろった時(小学低学年)

前歯の生えそろった時が治療時期です(第1期治療)。

この時、前歯永久歯に歯のデコボコ、すきっ歯や反対咬合、出っ歯が見られます。デコボコは歯磨きがしにくいので、むし歯になりやすく、歯肉炎の原因にもなります。

骨からはみ出て生えている歯は周りの歯肉が退縮して歯が動揺してきます。反対咬合はよく咬めないだけではなく、その後のあごの成長に悪影響を及ぼします。出っ歯もこのころから手当していけば、あごの成長を利用して、永久歯を抜かないですむメリットもあります。

この時期の装置は取り外し可能な装置の他に歯に直接接着する装置(マルチブラケット装置)も使われます。

前歯の矯正治療

治療前 治療後
子供の前歯の矯正治療前 子供の前歯の矯正治療後

治療前 治療後
子供の前歯の矯正治療前 子供の前歯の矯正治療後

この時期に治療を開始するメリット

デメリット

トップへ戻る

永久歯の生えそろった時(小学高学年)

永久歯が生えそろった時には歯列全体の咬み合わせを整える時期です(第2期治療)。

この時期は大人に比べて骨が柔らかいので歯は動きやすく、歯のデコボコ、すきっ歯、反対咬合、出っ歯等すべての不正咬合はこの時期に治療できます。

あごの成長はほぼ完了している時期なので、治療後も安定します。歯を抜いて治療するかどうかはこの時期に判断します。

装置は直接歯に接着する(マルチブラケット装置)をはじめ、矯正用インプラントを使用することもあります。

反対咬合 はんたいこうごう (うけ口)

治療前 治療後
子供の反対咬合 治療前 子供の反対咬合 治療後

上顎前突 じょうがくぜんとつ (出っ歯)

治療前 治療後
子供の上顎前突 治療前 子供の上顎前突 治療後

叢生 そうせい (八重歯・乱ぐい歯)

治療前 治療後
子供の叢生 治療前 子供の叢生 治療後
トップへ戻る

矯正治療の時期(いつから)

個別に適切なタイミングがあります

一般的には乳歯の時、前歯永久歯が生えそろった時(小学低学年)、永久歯が生えそろった時(中学生)が適切な治療の時期となります。

ただ、歯やあごの状態により個別にタイミングがわずかに異なります。すぐ始められるのがいい場合もありますし、もうすこし待った方がいい場合があります。

歯並びが悪い場合はまずは矯正専門医院で相談されることをお勧めします。

トップへ戻る