事例紹介

●叢生 そうせい (八重歯・乱ぐい歯)

歯が重なり合っている状態を叢生(八重歯・乱ぐい歯)と言います。
叢生(そうせい)の場合、うまくブラッシングができず、汚れが残りやすいです。残った汚れが虫歯や歯周病の原因になります。

▼ 治療前叢生治療前
▼ 治療後叢生治療後
●反対咬合 はんたいこうごう (うけ口)

下の歯が上の歯より前に出ている咬み合わせを反対咬合(うけ口)と言います。うけ口の人は、食べ物がよく噛めないだけでなく聞きとりにくい話し方になります。また顔つきもしゃくれた感じになります。

▼ 治療前反対咬合治療前
▼ 治療後反対咬合治療後
●上顎前突 じょうがくぜんとつ (出っ歯)

上の歯が前に出ている咬み合わせを上顎前突(出っ歯)と言います。歯が出ていると、ぶつかった際、折れたりくちびるを切ったりしやすいです。また上くちびるが突出し、口が閉じにくく、見た目もよくありません。

▼ 治療前上顎前突治療前
▼ 治療後上顎前突治療後
●開咬 かいこう

奥歯は咬んでいても、前歯が咬み合わずに開いているものを開咬と言います。指しゃぶりの癖が長く続いたり、舌を出す癖がある場合、口呼吸をすることなどから起こります。開咬は、前歯で食べ物を噛めないばかりでなく、正しい発音もできません。

▼ 治療前開咬の治療前
▼ 治療後開咬の治療後
▲ページのTOPへ戻る